初めての株式投資 多額の元手が必要!は本当か?

株価
はじめに

この記事を読んでいただいている読者の皆さんは多分、50代後半であと数年で定年退職を迎える方や既に定年退職を終えた方が大半ではないかと思われます。老後の資金が心配になる年代でもあり、皆さん、色々な方法で資産を増やす努力をされているのではないかと推察いたします。
さて、資産運用の方法として、当事務所では比較的にリスクが少なく、素人でも手が出しやすい投資信託の運用を推奨し、その運用方法について色々とお話をしてきました。でも、投資に慣れてくるとどうしても次に現物取引、つまり実際の株式に投資する事をやってみたくなってきます。そこで、今回から数回に分けて、株式投資についてお話をしてゆこうと思います。

株式の購入は1単元が基本
株券

ご存じの通り、株式の購入の基本は1単元(=100株)単位での取引となりますので、どうしても多額の元手が必要になってしまいます。例えばトヨタ自動車(株)の株価は9460円(2020/8/27現在)ですので、1単元を購入するには94万6000円が必要になります。ざっくり言って1社購入に100万円かかるという事になります。
物の価値感は人によって異なりますので、 100万円なんて「大したことないよ」と思われる方も居られるかもしれません。でも、以前にもお話した通り、投資の基本の一つに分散投資という考えがあります。株式に投資する場合、1銘柄だけにしか投資していないと、その銘柄の株価が値下がりした時、その影響を直接受けてしまいますが、複数の銘柄を購入(分散して投資)しておけばリスクを小さくする事ができます。従って、株式で分散投資をするという事は、1単元を複数購入する必要がある、つまり数百万円の元手が必要になるという点が最大のネックになるでしょう。
極端な例ではありますが、例えば任天堂(株)の株価は5万1170円 (2020/8/27現在) でしたので、1単元の購入額は511万7000円と絶望的な金額です。

実は少ない元手で購入できる株式は沢山ある

先の例は日本を代表するトヨタ自動車(株)の例でしたが、IT企業の代表格である楽天グループ(株)の株価は1119円 (2020/8/27現在) であり、1単元の購入額は11万1190円となります。トヨタ自動車(株) よりもかなり買いやすいくなってきました。さらに色々調べてみると、(㈱)セブン銀行の株価は250円(2020/8/27現在) でしたので、1単元の購入額はたったの2万5000円です。これならお父さんのお小遣いでも購入可能ですよね。
この様に色々と探してみると、10万円以下で購入できる株式は1000社以上あると言われています。これならば、 投資の基本の一つか「分散投資」 も実現できそうです。

ちょこっと有名所で10万円以下で購入できる株式をピックアップしてみました。

*株価は2020/8/27現在

ミニ株投資という選択肢

10万円以下で購入できる株式は1000社以上あるので、この中から投資先を選ぶ事ができればベストですが、どうしてもトヨタ自動車(株)に投資したい、という方も居られるかもしれません。でもざっくり100万円が必要になってしまいますが、どうしたら良いでしょうか? 100万円借金して トヨタ自動車(株) 100万円分購入するという手も考えられない訳ではありませんが、借金の利息の支払いを考えると、決して効率の良い投資とは言えません。
そんな事態を解決する決定打が、「ミニ株投資」です。ミニ株投資とは単元未満株の取引のことです。ミニ株投資を利用すれば、100株未満で株式投資ができる制度なんです。
例えば、トヨタ自動車(株)の株式1単元の購入にはおよそ100万円が必要であると述べました。ところが、ミニ株であれば、1株単位から投資する事ができる場合があります。ミニ株は、普通の株式投資と違って取り扱っている証券会社が限られるなど、ミニ株ならではの特徴や制約はありますが、1株単位で購入できる証券会社の場合であれば、トヨタ自動車(株)の株式を1万円ほどで購入が可能になります。
ちなみに、ミニ株の場合、単元株ではないので、株主総会に出る権利や株主優待はありませんが、配当は保有株数に応じて得ることが出来ます。
またミニ株は全ての証券会社が取り扱っている訳ではありませんので、注意が必要です。ちなみに、筆者が利用している松井証券ではミニ株の取り扱いはありませんでした。

最後に
最後に

いかがでしょう、今回お話した内容であれば株式投資のハードルがかなり下がったのではないでしょうか。
本日のテーマ「株式投資には多額の元手が必要!は本当か?」の答えは一部イエスですが、少額でも投資可能な株式がある事、ミニ株という選択肢もあるという事から答えはノーと言えるでしょう。
今回は株式投資(現物取引)の最初に疑問となる元手(資金)の事について説明をさせていただきました。 次回以降、数回に分けてミニ株の詳細、株式投資の基本など実践的な内容を説明したいと考えています。次回も是非チェックして下さいね。

誰でもFP相談室 村上

無料メルマガで学ぼう

プレゼント
無料でお金の知識を学びましょう。プレゼントの受取、購読は完全無料です。

初めての株式投資 多額の元手が必要!は本当か?” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。